頭髪

育毛剤は効くの?効かないの?薄毛でも間に合う、本来の使用法とは。


男性のほとんどが30歳前後で髪の毛に対する違和感等を個人差があるにせよ感じることがあるのではないでしょうか。

●髪の毛にボリュームが出なくなった。
●前髪が自然と別れるようになった。
●排水溝の抜け毛が気になるようになった。
●髪が細くなった。
●つむじ付近が薄くなった。
●おでこが広くなった。

そんな時に気になり始める「育毛剤」の存在です。
そもそも効果があるのかどうか。

結論から言うと効果はあります。
賛否両論ありますが、そもそもの考え方が「育毛」と呼ばれている理由にあります。

育毛とは育つ毛と書いて育毛。文字通りで、「育毛剤」は本来、育つはずだった毛を育てるためにあります。

逆に言えば死んでしまった毛(死んだ毛根)に関しては育毛剤を塗布しても意味がないと言うこと。
毛根が生きていれば、血流の改善や成長成分の補填をし丈夫な髪が育つ可能性は十分にあります。

もし、今薄毛で悩んでいるのであれば、生活改善や、頭皮のケアを十分にし、いち早く対策をするのはいかがでしょうか。

 

 

こちらの記事もよく読まれています。